「当座」と「普通口座」の違い

「当座」と「普通口座」の違い

ポイント


解説

銀行での支払いや振り込みの際、口座番号の前に必ずあるのが「普通」「当座」の選択肢です。
ほとんどの場合、「当座」を使うことはありませんが、いつも出てくるので気になっている方も多いのではないでしょうか?
「当座」とは、主に小切手や手形のための口座です。
小切手や手形を発行するためには「当座」口座を開設していなければなりません。
また、「当座」には利子が付かないという特徴もあります。
普通口座」は簡単な手続きで開設できるのに対し、「当座」は誰でも開設できる訳ではありません。
小切手や手形を扱う性質上、審査も厳しく銀行に信用がないと開設できません。

参照元

普通預金と当座預金の違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ