「形成外科」と「整形外科」の違い

ポイント


解説

形成外科」は主に身体の表面の治療を行い、「整形外科」は主に骨や関節の治療を行います。
形成外科」の具体的な治療は、火傷・顔面の骨折・あざ・先天性異常などによる形や機能の再建・修復などです。
一方、「整形外科」では、捻挫・打撲・骨折・腰痛・関節痛などの治療が主な治療範囲です。
美容整形は、「整形外科」の一種と思われがちですが、このような違いから実は「形成外科」に近く、「形成外科」の1つとして分類されることもあります。

参照元

整形外科と形成外科の違いは?

診療科目解説

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ