「捺印」と「押印」の違い

ポイント

  • 捺印」=署名捺印。「押印」=記名押印
  • 捺印」=直筆サインと同時に判を押す。「押印」=印刷してあったものに判だけ押す。

解説

捺印」は署名捺印、「押印」は記名押印の略と考えていいでしょう。
捺印」は署名捺印ですので、自ら署名するのと同時に印鑑を押すことを言います。
一方、「押印」は元々名前が記入・印刷してあったものに印鑑だけを押すことを指します。
また、法的な証拠能力としては、「署名捺印」が証拠能力として高く、証拠としての有効性は
1.署名捺印
2.署名
3.記名押印
4.記名
の順になっています。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410420734

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ