「楽天」と「アマゾン」のビジネスモデルの違い

ポイント

  • 楽天」=テナント収入中心。「アマゾン」=物販収入中心。
  • 楽天」=在庫を持たない。「アマゾン」=膨大な在庫。
  • 楽天」=物流は出店者任せ。「アマゾン」=自社物流。
  • 楽天」=ポイントなどの付加価値充実。「アマゾン」=在庫の量や物流のクオリティ。

解説

ネットショッピングでシェアを二分する「楽天」と「アマゾン」ですが、そのビジネスモデルは全く異なります。
楽天」の収益源は、主に出店者からのテナント収入で、ユーザーではなく、企業が顧客といえます。
一方、「アマゾン」では、ユーザーからの売り上げが直接の収益源になっています。
また、「楽天」は自社で在庫を持ちません。注文も出店者に直接入るため、物流も含めて出店者が責任を負うことになります。
アマゾン」では、広大は物流センターを持ち、膨大な在庫を常に保持しています。
また、独自の在庫管理技術や梱包技術により、スピーディーでクオリティの高い物流を実現しています。
このように、両者のビジネスモデルはかなり異なります。
楽天」は出店者任せの在庫管理や物流に弱みがありますが、旅行や銀行といった多角化と、それぞれをつなぐポイントなどの付加価値が強みと言えます。
アマゾン」は、膨大な在庫がリスクではありますが、それゆえ他社にまねのできない物流の均一化やスピードが特徴と言えます。

参照元

http://blogos.com/article/56506/
http://www.projectdesign.jp/201301/amazon/000277.php

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ