「沼」と「池」と「湖」の違い

ポイント

  • 」=大。「」=中。「」=小。
  • 」=水深5m以上。「」「」=水深5m以下
  • 」=植物が生息できない水深がある。「」「」=比較的浅く植物が生息できる。
  • 」「」=自然にできたもの。「」=人工的につくられたもの。

解説

」と「」と「」の違いは、大きさ・深さ・つくられ方などいくつかの分類方法があります。
まずは大きさです。
厳密な定義はありませんが、「」は比較的大きいもの、「」は中くらいのもの、「」は小さいものを指す傾向があります。
次に深さで定義される事もあります。
」は水深5m以上、「」「」は水深5m以下の浅いものを指します。
これは、水生植物が自生できない部分があるほど深いかどうかという定義から来ているようです。
また、「」「」は自然にできたもの、「」は人工的につくられたものという意味もあります。
ただし、これらの分類方法はいづれも厳密なものではありません。
人工的につくられたものでも「」と名付けられることもあります。
そのため、地図などでもこれらの区分と関係なく、実際に呼ばれている名称で書かれています。
」「」「」は固有名詞の一部と考えた方がいいようです。

参照元

http://www.gsi.go.jp/kohokocho/kohokocho50027.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ