「濫用」と「乱用」の違い

「濫用」と「乱用」の違い

濫用」と「乱用」の違い

ポイント

  • 濫用」=「乱用」。
  • もともとは「濫用」。「乱用」は代替。
  • 「濫」は当用漢字表から削除されたため、新聞・放送では「濫用」→「乱用」に置き換えた。
  • 当用漢字表は廃止されたが、現在も新聞・放送では「乱用」が用いられている。

解説

「濫用」と「乱用」は、意味としては全く同じものです。
もともとは「乱用」が用いられていましたが、
昭和29年3月の国語審議会報告「当用漢字補正資料」で「濫」は当用漢字表から削除する候補28字に含まれていました。
そのため、日本新聞協会では翌4月1日からこの補正資料を採用し、「濫用」→「乱用」などの書き換えを行っています。
昭和56年に当用漢字表が廃止、常用漢字表が制定された際にも、新聞協会では当用漢字補正資料を30年近くも採用していた経緯から、取り決めはそのまま継続されています。

参照元

『乱用』と『濫用』の違いはなんですか – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ