「無期懲役」と「終身刑」の違い

ポイント


解説

無期懲役」と「終身刑」の違いは、出獄できる可能性があるかどうかという点です。
無期懲役」では、反省の態度がみられ、服役態度がよいなどの基準を満たせば仮出所が可能となります。「終身刑」=日本では導入されていない。
無期懲役」での平均服役期間は約20年と言われています。
一方、「終身刑」では、その名の通り一生出獄できることはありません。また、日本では導入されていない制度です。
無期懲役」は、日本では死刑の次に重い刑ですが、服役期間20年という実態と照らし合わせると、死刑との差が大きすぎるのではないかという意見が以前から上がっています。
そのため、死刑制度と同、「終身刑」の導入も長年議論されているテーマの1つです。

参照元

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/669739.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ