「用件」と「要件」の違い

ポイント


解説

用件」と「要件」は、辞書によるとそれぞれ下記のような意味になります。
用件」:なすべき仕事。伝えるべき事柄。用事。
要件」:必要な条件。大切な用事。
これらを解釈すると、まず、「用件」=用事、「要件」=条件と読み取ることができます。
ビジネスの場では、要件定義書(RFP)に代表されるようにシステム関連ではよく使われる言葉です。
これは、何かを製作依頼したりや購入したりする際、満たして欲しい条件という意味になります。
難しいのは「大切な用事」という意味での「要件」です。
「ようけんを手短にお伝えください」という場合は「要件」「用件」どちらも使うことがあるようです。
用事が関係する場合は「用件」と覚えておけばシンプルかもしれません。

参照元

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/226335/m0u/%E8%A6%81%E4%BB%B6/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/226332/m0u/%E7%94%A8%E4%BB%B6/

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ