「白髪染め」と「ヘアカラー」の違い

「白髪染め」と「ヘアカラー」の違い

白髪染め」と「ヘアカラー」の違い

ポイント


解説

広い意味では、染毛剤先般のことを「ヘアカラー」と言います。
この場合、「白髪染め」も「ヘアカラー」の一種として扱われます。
しかし、一般的には「白髪染め」と「ヘアカラー」は別のものとして区別されています。
白髪を染めるものを「白髪染め」、黒髪を染めるものを「ヘアカラー」として分類されています。
黒髪を染める場合、髪の色を抜く必要があります。
そのため「ヘアカラー」はブリーチ効果が高いものがほとんどです。
逆に「白髪染め」ではその必要がありませんのでブリーチ効果は低くなっています。
白髪を染める場合、確実に着色する必要がありますので、「白髪染め」は染毛力が高くなっています。
一方、黒髪を染める場合、ブリーチ効果と染毛効果のバランスによって着色しますので、「ヘアカラー」の染毛力は比較的低めになっています。
このような効果の違いがありますので、染めたい髪の性質によって「白髪染め」と「ヘアカラー」は使い分ける必要があります。
特に、白髪に「ヘアカラー」を使っても、あまり着色しない事がありますので、注意が必要です。

参照元

「白髪染め」とヘアカラーって同じもの? [髪の悩み・対処法] All About
白髪用と黒髪用の違いは ヘアカラーリングのしくみ ホーユー株式会社

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ