「着払い」と「代引き」の違い

ポイント


解説

まず、「着払い」では、受取人が支払うのは運賃です。
そのため、発送主は荷物を送る際に料金を支払うことなく発送できます。
また、発送してしまえば、その後は一切手続きなどはありません。
一方、「代引き」では、受取人が支払うのは商品代金です。「コレクト・・・」というのが代引きにあたります。
商品によっては金額が大きくなるため、運送会社から配達前に確認電話が入るのが一般的です。
最近ではクレジットカードでの支払いも可能になってきています。
また、「代引き」では、運送会社で回収した商品代金を荷主に支払う必要があるため、事前に契約が必要となります。

参照元

http://allabout.co.jp/gm/gc/3983/

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ