「社会主義」と「共産主義」の違い

ポイント


解説

「社会主義」と「共産主義」は、どちらも「資本主義」の対義語として使われることがありますが、「社会主義」と「共産主義」の意味は異なります。
「社会主義」は、よく「社会民主主義」と「ソ連型社会主義」というように分類されます。
「社会民主主義」は、市場経済を国家によって統制しようという思想が柱となっており、「大きな政」を目指す考え方とも言えます。
北欧諸国などは「社会民主主義」の代表です。
「ソ連型社会主義」は、「共産主義」を目指しており、その過程ということができます。
そのため、私的財産は制限または認められません。
本来の「共産主義」は、最後は政も必要なくなるという考え方ですが、歴史上これが実現されたことはありません。
言い換えると、「共産主義」の国家はこれまで存在していないと言う事もできます。
また、高度成長期の日本を例え、「世界で最も成功した社会主義(社会民主主義)国家は日本」と言われることがあります。

参照元

http://ameblo.jp/epachinko/entry-10225125151.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211180267

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「社会主義」と「共産主義」の違い”

  1. […] 出典「社会主義」と「共産主義」の違い | ズバリ解決!「違いガイド」 […]

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ