「精算」と「清算」の違い

ポイント

  • 精算」=計算すること。「清算」=支払うこと。結末をつけること。
  • 精算」=お金が絡む。「清算」=お金が絡まない場合もある。
  • 精算」は概算の対義語。

解説

分かっているようで実は難しいのが「精算」と「清算」の違いです。
料金や運賃を支払う事が「精算」だと思われていますが、実は「精算」は「概算」の対義語で、細かく計算したり過不足を計算し直す事をさします。
逆に、「清算」には支払うという意味が含まれます。
「過去を清算する」という言葉に代表されるように、「清算」は”きまりをつける”、”結末をつける”という意味ですので、必ずしもお金に絡む場合だけではありません。
ですので、買い物などでの「精算する」とは確定した金額を計算したりしてもらったりする行為であり、支払う行為は含まれません。

参照元

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/121557/m0u/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/121554/m0u/
http://www.tohmatsu.com/view/ja_jp/jp/b8b706c4f0630210VgnVCM100000ba42f00aRCRD.htm

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ