「絶対」と「絶体」の違い

ポイント

  • 絶対」=比較・対立が関係する。「絶体」危険・困難が関係する。
  • 絶対」=決して・・・。「絶体」ピンチ。
  • 絶体」は「絶体絶命」にしか使わない。

解説

基本的には、「絶対」と「絶体」は意味の異なる言葉です。
絶対」は、他に並ぶものがないこと、比較や対立がない事を言います。
「相対」の反対語としてよく使われます。
対して、「絶体」は、命の危機が迫っていたり、危険や困難から逃げられない子を指します。
しかし、「絶体」という単独の言葉で使われることはありません。
正式には「絶体絶命」という四字熟語の一部としてのみ使われます。
ですので、「絶体」という言葉は誤りという事になります。
一部の書籍タイトルやゲームタイトルでは「絶体」という言葉が含まれているものもありますが、これは固有名詞と解釈することができます。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10698135
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1060283225

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ