「蛾」と「蝶」の違い

ポイント

  • 」=夜に飛ぶ。「」=昼に飛ぶ。
  • 」=触覚が尖っている。「」=触覚が棍棒状。
  • 」=羽を広げてとまる。「」=羽をたたんでとまる。
  • しかし、全ての見分け方に例外がある。
  • 」と「」の幼虫でも見分け方は難しい。

解説

」と「」の見分け方はさまざまな方法が用いられています。
例えば、行動する時間帯です。
一般的には、「」は夜に飛び、「」は昼に飛ぼます。
また、とまった時の羽のたたみ方で見分ける方法もあります。
ほとんどの「」は羽を広げてとまり、ほとんどの「」は羽をたたんでとまります。
触覚の形状で区別する方法もあります。
」は触覚が尖っていますが、「」は触覚が棍棒状です。
しかし、どの見分け方に例外があり、これで100%という方法はありません。
特に、幼虫での見分け方は難しく、専門家でも区別できないこともあります。
毛虫はの幼虫という説がありますが、毛のあるの幼虫も多く、逆に毛がないがの幼虫もたくさん存在します。

参照元

蝶と蛾の違い
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1118774996

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ