「要因」と「原因」の違い

「要因」と「原因」の違い

要因」と「原因」の違い

ポイント

  • 原因」=1つ。「要因」=複数。
  • 原因」=ある事象を起こしたもの。「要因」=ある事象に影響のあるもの。
  • 原因」=今回発生させたもの。「要因」=今後も発生させる可能性があるもの。

解説

要因」と「原因」は、さまざまなシーンでよく使われる言葉ですが、意味も似ているためによく混同されます。
一般的には、「原因」は1つしかない場合や1つに特定できる場合に用い、「要因」は複数ある場合や1つに特定できない場合に用います。
また、ある事象を起こしたものを「原因」、ある事象に影響のあるものを「要因」と区別する見方もあります。
例えば、交通事故の場合、事故の「原因」は居眠り運転、その「要因」は疲れや睡眠不足などが挙げられます。
また、過去の特定の事象を起こしたものを「原因」、今後ある事象を起こす可能性のあるもの「要因」と区別する方法もあります。
に交通事故に例えると、
同じ居眠り運転でも、今回の事故を指す場合は「原因」となりますが、今後の交通事故を起こす可能性は他にもスピードの出し過ぎ・わき見運転など々ですので、居眠り運転は交通事故の「要因」の1つと言えます。

参照元

「要因と原因の意味の違い」 「要因と原因の使い分け」について時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□
要因 と 原因 の違いは何でしょうか? 具体例を挙げて教えて頂ければ幸いです。 – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ