「計測」と「測定」の違い

「計測」と「測定」の違い

計測」と「測定」の違い

ポイント

  • 測定」=量を数値化すること。「計測」=ある目的のために量を把握すること。
  • 測定」=道具を使う。「計測」=道具を使わない場合もある。
  • 測定」は「計測」の中の作業の1つ。

解説

計測」と「測定」は同義語をして扱われますが、厳密には意味に違いがあります。
測定」は量を数値化すること、「計測」はある目的のために量を把握することです。
また、別の見方をすると、「測定」には道具を使いますが、「計測」には道具を使わない場合もあります。
例えば、2人の身長の高さを比べる場合、
身長計で身長を計る行為自体は「測定」となります。
その数値を用いて2人の身長を比べることは「計測」となります。
また、身長計を用いず、2人が並んでみて大きさを比べる場合、「測定」とはなりませんが、これも「計測」です。
このように、「測定」は「計測」する過程の1つの作業とも言えます。
しかし、この違いの定義は曖昧で、明確な使い分けはないのが実情です。
測定するための機器を計測器と呼ぶ場合もありますし、
長さを「測定」、それ以外を「測定」と区分するという説などもあります。

参照元

測定 – Wikipedia
計測機器・試験機メーカで働く部長のブログ 計測と測定の違いについて

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ