「該当」と「当該」の違い

「該当」と「当該」の違い

該当」と「当該」の違い

ポイント

  • 該当」=条件にあてはまる。「当該」=関係がある。
  • 当該」=「その」「前述の」という意味もあり。
  • 該当」=動詞になる。「当該」=動詞にならない。
  • 当該」=後に名詞がくる。「該当」=後は名詞とは限らない。

解説

該当」と「当該」を辞書サイトで調べると、
該当」=条件にあてはまる、「当該」=関係がある、となっています。
意味としては近い部分もありますが、「当該」には「その」や「前述の」という意味もあります。
例えば、「当該○○」という言葉を「その○○」「前述の○○」というように置き換えることもできます。
また、「該当」は動詞になりますが、「当該」は動詞になりません。
更に、「当該」の後には必ず名詞が続きます。
該当する」「該当しない」とは言いますが、「当該する」「当該しない」とは言いません。
当該省庁」「当該事件」というように、当該は必ず後に続く名詞とセットで使われます。

参照元

「該当」と「当該」。。。 – RexiologyJapanese
当該 とは – コトバンク

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ