「課題」と「問題」の違い

ポイント

  • 問題」は事象。「課題」は取組。
  • 問題」は自分に課せられない。「課題」は自分に課せられている。
  • 課題」は「問題」を解決するための手段。

解説

課題」と「問題」はよく混同されますが、「問題」は事象を指し、「課題」は問題を解決するための取り組み対象を指します。
例)

問題」=地球温暖化により、異常気象や海面の水位の上昇が懸念される

課題」=地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を削減する必要がある

また、自分に課せられているかどうかでも「問題」と「課題」を区別できます。
例)

問題」=会社の売り上げが下がっている

課題」=売り上げをアップするための部署や自分のノルマ

このように考えると、「課題」は「問題」を解決するための手段であり、「問題」があるから「課題」があるとも言えます。

参照元

http://blogs.itmedia.co.jp/tani/2012/11/post-f0b6.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1176532456
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143707411

このカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「課題」と「問題」の違い”

  1. […] そして、「ズバリ解決!違いガイド」という、いろんな「違い」を教えてくれるサイトがあったので、それでみてみました。 […]

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ