「賞味期限」と「消費期限」の違い

ポイント


解説

食品の保管できる期限は、基本的には「賞味期限」と「消費期限」という2種類の表現に統一されています。
両者の一番の違いは、「賞味期限」はおいしく食べられる期限、「消費期限」は安全に食べられる期限という点です。
つまり、「賞味期限」は期限を過ぎてもまだ食べる事は可能、「消費期限」は期限を過ぎたらそのまま食べてはいけないという事になります。
賞味期限」は劣化が遅く比較的長期間保存のきく食品に用いられます。
一方、「消費期限」は生ものなど劣化が早い食品に用いられます。
しかし、どちらも指定の保存方法で保存していなかったり、開封してしまったら、これらの期限は当てはまりません。
このような場合や期限を過ぎて摂取し、身体の異常やトラブルがあっても、メーカーに責任を問うことはできません。

参照元

http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_processed/limit.html
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/070522.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ