「軟水」と「硬水」の違い

ポイント

  • 軟水」=ミネラル分が少ない水。「硬水」=ミネラル分が多い水。
  • 軟水」=さっぱり・日本料理向き・石鹸の泡立ちがいい。「硬水」=しっかりした味・肉料理のアクを取りやすい。
  • 日本の水はほとんどが「軟水」。
  • 軟水」=国産ミネラルウォーター・水道水。「硬水」=エビアン・ヴィッテル・鉱泉水など。

解説

「軟水」と「硬水」は、ミネラル分の含有量で区分されます。
具体的には、カルシウムとマグネシウムの含有量で表され、WHO(世界保健機関)では、硬度120mg/L未満が「軟水」、硬度120mg/L以上が「硬水」と定義されています。
「軟水」の特徴は、飲み口がさっぱりしており、日本料理向きな点、石鹸の泡立ちがいい点などがあげられます。
一方、「硬水」は、しっかりした味わいがあり、肉料理のアクを出しやすくするなどの効果があります。
日本では、ほとんどの水が「軟水」です。ですので、日本人はあまり「硬水」になれていません。
そのため、「硬水」を飲みすぎると下痢や腹痛を起こしたり、ひどい場合にはアレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。
また、具体例では、国産ミネラルウォーターや水道水のほとんどが「軟水」、エビアン・ヴィッテルなどの海外製ミネラルウォーターの一部・鉱泉水などが「硬水」です。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025277205
軟水と硬水の違い【特徴を比較】

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ