「辞表」と「退職届」の違い

「辞表」と「退職届」の違い

辞表」と「退職届」の違い

ポイント

  • 辞表」=役目や役職等を辞する。「退職届」=会社を辞める。
  • 「辞表」=地位の高い人。「退職届」=平社員。
  • 「辞表をたたきつける」というのは間違った用法。

解説

「辞表」とは、役目や役職を辞する時に使います。
会社と辞めるという意味ではなく、役員などの役職を自ら辞退する際に使います。
会社を辞める際に上司に提出するものは「退職届」になります。
これらを見方を変えると「辞表」=地位の高い人、「退職届」=平社員とも整理できます。
地位の高い人の場合、結果として会社を辞めることもありますが、
そのこととはあまり関係なく、その役職を辞める事に対して「辞表」が提出されます。
役職には関係なく、労働契約を終了する意味では「退職届」が正しいということになります。
ですので、「辞表をたたきつける」というのは間違った用法という事になります。
また、「退職届」と「退職願い」でも意味が変わってきます。
詳しくはこちらもご覧ください。

参照元

注意!「退職届」と「退職願」は全く違う

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ