「退職」と「退社」の違い

「退職」と「退社」の違い

退職」と「退社」の違い

ポイント

  • 退職」=会社を辞めること。「退社」=会社を辞める。+仕事が終わって会社から引き上げる。
  • 会社を辞める場合、「退職」「退社」どちらでもよい。
  • 会社組織でない組合・公務員などは「退職」。
  • 口頭で会社を辞める意味を指す場合「退職

解説

退職」は、その名の通り会社などの職を辞める場合に使われます。
一方、「退社」は、「退職」の意味と、仕事が終わって会社から引き上げる意味の2つの意味を含みます。
使い分けについても、特に厳密な区分はない傾向にあります。
履歴書などの記載でも、「入社」の対義語の「退社」が正しいという説と、意味が混在するので「退職」がいいという説と両方があります。
ただし、会社組織ではない組合や公務員などが職を辞する場合には「退職」を用います。
口頭や電話では、会社を辞めたのか帰ったのか分からなくなってしまうため、「退職」を使った方がいいようです。

参照元

「退職」と「退社」の違い 履歴書の書き方 転職・求人情報・仕事探しのポータルサイト 転職コンパス
会社を辞めるさいに使う言葉『退職』と『退社』、使い分けの違いは何ですか? – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ