「退職願い」と「退職届」の違い

「退職願い」と「退職届」の違い

退職願い」と「退職届」の違い

ポイント


解説

退職願い」は、文字通り上司や会社に対しての退職の承認依頼になります。
ですので、会社のしかるべき手続きを経て、正式に承認され退職が承認されることになります。
一方、「退職届」は、雇用契約の終了予告という意味合いになります。
こちらは予告ですので、承認が必要とはされません。
法律的に見ると、「退職願い」は承認されるまでは取り消しが出来ますが、
退職届」は出した時点で有効で、後から取り消しが出来ないという事になります。
このように1文字の違いではありますが、大きな意味の違いがあります。
ただ、このような1文字の違いでトラブルにならないよう、会社を退職する時は円満に去りたいものです。
退職願い」と「退職届」だけでなく、「辞表」また意味が違ってきます。
詳しくはこちらもご覧ください。

参照元

注意!「退職届」と「退職願」は全く違う

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ