「郡」と「市」の違い

ポイント

  • 」は自治体ではない。「市」は自治体である。
  • 」に長はいない。「市」には市長がいる。
  • 「市」になるには人口5万人以上。
  • 平成12年~平成17年、条件が緩和されたため、この間の町村合併が加速した。

解説

」は、町・村を包括する地理的区画で自治体としての機能はありません。
ですので、「郡」に長はいませんが、「郡に」属する町村には、それぞれ町長や村長がいます。
「市」になるためには諸条件を満たした上で申請しなければならず、この条件を満たしていない場合や申請しない場合は町村になり、「郡」に属することになります。
「市」になるための条件は下記の通りです。

 ①人口5万人以上。

②中心的市街地に全戸数の6割以上がある。

③商工業その他の市的な業態に従事する者及びそれと同一世帯に属する者の数が全人口の6割以上。

当該の条例で定める市的施設その他の市的要件を備えている。

しかし、「市町村の合併の特例に関する法律」で、平成17年3月31日までに合併する場合、①が4万人以上となり、その他に②~④の要件が必要となりました。
その後、平成12年にこの法律が改正になり、平成16年3月31日までに合併する場合に限り、①が3万人以上、さらに②~④の要件は一切必要がないことになっています。
条件の緩和だけでなく、補助金などの優遇もあったため、この間に合併して「市」になった自治体が数多くあります。
最近聞きなれない「市」の名前を耳にするのもこのためです。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141615459
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E7%94%BA%E6%9D%91

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ