「金環日食」と「皆既日食」の違い

ポイント

  • 金環日食」=太陽が月からリング状にはみ出している日食。「皆既日食」=月が太陽を完全に覆っている日食。
  • 金環日食」=月が地球から遠い時に発生。「皆既日食」=月が地球から近い時に発生。

解説

金環日食」と「皆既日食」は、どちらも珍しくなかなか見られない現象です。
両者の違いは、月と地球の距離になります。
月は地球の周りを同じ軌道で回っているように思われがちですが、実は楕円の軌道を描いています。
そのため、地球からの距離は近づいたり遠ざかったりしています。
地球からの距離が遠い時に起きる日食では、月が太陽を隔しきれず、リング状にはみ出してしまうため、「金環日食」になります。
逆に、地球からの距離が近い日食では、月が完全に太陽を隠してしまうため、「皆既日食」となります。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1228559017

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ