「50ヘルツ」と「60ヘルツ」の違い

ポイント


解説

日本の電力は交流です。「50ヘルツ」と「60ヘルツ」は、その周波数になります。
日本では「50ヘルツ」が採用されており、西日本では「60ヘルツ」が採用されています。
これは、明治時代に東にほんではドイツ製発電機を導入し、西日本ではアメリカ製発電機を導入したことに始まります。
50ヘルツ」と「60ヘルツ」の境界は、静岡の富士川から新潟の糸魚川あたりとなっています。
昔は家電製品も「50ヘルツ用」と「60ヘルツ用」がありましたが、最近の家電は、ほとんどが50/60Hz両対応ですので、特に意識する必要はなくなっています。

参照元

50ヘルツ、60ヘルツとは? – 【引越しの掟!】
http://www.tepco.co.jp/life/custom/q_and_a/komatta/hikkoshi-j.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ