「adsense」と「adwords」の違い

ポイント

  • adsense」=広告配信ツール。「adwords」=広告出稿ツール。
  • adsense」=広告を掲載する側。「adwords」=広告を出稿する側。
  • adsense」=お金をもらう。「adwords」=お金を払う。

解説

adsense」と「adwords」は、どちらもGoogleの広告管理ツールでよく混同されてしまいます。
しかし、「adsense」と「adwords」は、ある意味正反対のツールです。
adsense」は、広告を配信するツールなので、広告を掲載するメディア側が使用します。
広告枠の作成や設定が行え、広告枠の大きさや広告の種類などの設定が可能です。
また、設定した広告枠の実績や収益額が確認でき、それに応じた支払を受け取ることができます。
一方、「adwords」は広告を出稿する側のツールなので、広告を出稿する側が使用します。
広告を出稿するメディアやキーワードの選定ができ、費用のシュミレーションや広告費の上限設定などが可能です。
シンプルに例えると、「adsense」はお金をもらうもの、「adwords」はお金を払うものという違いです。

参照元

https://support.google.com/adsense/answer/76231?hl=ja
AdsenseとAdwordsの違いって、広告主と広告媒体の違い – ・・・tohokuaikiのチラシの裏(それ図解できたらいいなぁ)

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ