「another」と「other」の違い

ポイント


解説

another」と「other」も、単数形と複数形の使い分けのない日本語からすると混乱する単語の1つです。
基本的には、「another」=単数。「otherothers)」=複数形と覚えてしまうとシンプルです。
another」は「an other」が語源ですので、そう覚えると区別しやすいかもしれません。
実際の使い分けとしては、「another」=他のもう1つ、「other」=残り全部という意味合いがあります。
選択肢がたくさんある場合、「another」は、他のもう1つという意味になります。
other」は、残り全部という意味になり「the others」となります。
another」は単数なので「an other」、「other」は複数なので「the others」と覚えておくと分かりやすいかもしれません。

参照元

http://www.eigowithluke.com/2010/08/other-another/

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ