「but」と「however」の違い

ポイント

  • but」=柔らかい。「however」=固い。
  • but」=会話。「however」=文書。
  • but」=でも。「however」=しかしながら。
  • 文章の先頭には「however」。

解説

but」と「however」は「しかし」という同じ意味ですが、
but」=柔らかいニュアンスがあり、「however」=固いニュアンスがあります。
一般的には「but」は会話で使い、「however」は文書に使うという違いがあります。
日本語に例えると、「but」=でも、「however」=しかしながらといったところでしょうか?
また、文章で使う場合、「but」は文の先頭にはあまり使われません。
ビジネスで使う場合、親しい間柄や同僚には「but」、取引先やお客には「however」という使い分けが一般的です。

参照元

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1028112.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ