「caution」と「warning」の違い

ポイント


解説

caution」も「warning」も注意を喚起する言葉として使われていますが、「warning」の方がより強い意味合いになります。
一般的には「caution」=注意、「warning」=警告として受け取られます。
「alert」と併記される場合、「alert」(注意)→「caution」(警告)→「warning」(危険)という順に危険度が増していきます。
説明書などに記載されている場合、「caution」には注意事項が書いてありますが、「warning」には禁止事項が記載されています。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218793647

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ