「CD」と「DVD」の見た目の違い

ポイント

  • CD」=1枚のプラスチック板。「DVD」=2枚のプラスチック板の貼りあわせ。
  • CD」=断面に境目なし。「DVD」=断面が2重構造。

解説

CD」と「DVD」の見た目の違いは、横から断面を見ると明快です。
CD」は、1枚のプラスチック板でできています。
そのため、断面に境目がありません。
一方、「DVD」は2枚のプラスチック板を貼りあわせて作られています。
ですので、断面を見ると境目があり、2重構造のようになっています。
確かにパソコンに入れてみるのが一番正確なのですが、CDライブDVDを入れても認識しないことがあります。
このような場合、故障と区別できなくなってしまう場合もありますので、覚えておいて損はないでしょう。

参照元

http://ameblo.jp/yawatta/entry-10967219595.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ