「CEO」と「COO」の違い

「CEO」と「COO」の違い

CEO」と「COO」の違い

ポイント

  • CEO」=最高経営責任者。「COO」=最高執行責任者。
  • CEO」=Chief Executive Officer。「COO」=Chief Operations Officer
  • CEO」が「COO」より偉い
  • CEO」=会長。「COO」=社長。
  • CEO」=社長。「COO」=副社長。

解説

CEO」はChief Executive Officerの略で、最高経営責任者を意味します。
一方、「COO」はChief Operations Officerの略で、最高執行責任者を意味します。
日本語での意味の通り、「CEO」と「COO」が両方存在する会社では、「CEO」が「COO」より偉いことになります。
日本の会社に例えると、「CEO」が会長で「COO」が社長、または「CEO」が社長で「COO」は副社長というような役職になります。
似たような言葉では、
・CAO(Chief Administrative Officer)…「最高総務責任者」
・CFO(Chief Financial Officer)……「最高財務責任者」
・CLO(Chief Legal Officer)…「最高法務責任者」
などが挙げられます。

参照元

CEOやCOOってどういう意味 – 日本の役員よりもわかりやすい役割 マイナビニュース

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ