「come」と「go」の違い

ポイント

  • come」=話し手・聞き手に向かう。「go」=他の場所に向かう
  • come」=来る。「go」=行く。は忘れた方がいい。

解説

英語を習い始めると、必ず「come」=来る、「go」=行くと教わります。
そして、よく混乱してしまうのが「I’m coming.」(今いくよ)です。
行くのになぜ「come」なのか?どちらがどちらか分からなくなってしまいます。
この「come」=来る。「go」=行く。というのを一度忘れてしまうとスッキリします。
むしろ、話し手・聞き手の間での場所移動は「come」、関係のない別の場所に行く場合は「go」としてしまうと覚えやすくなります。

例)

 「I’m coming.」→相手の所に移動するので「come」

「Go away!」→別の場所に行け!という意味なので「go」

「I’m going to the concert now. Would you like to come?」→コンサート会場は別の場所なので「go」。そこに私と移動するので「come」。

参照元

http://friends-esl.com/english_nuance/english_nuance17.php

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ