「facebook」と「mixi」の違い

ポイント

  • facebook」=実名登録。「mixi」=実名でなくてもOK。
  • facebook」=友達検索機能が優れている。「mixi」=足あと機能がある。
  • facebook」=検索にひっかかる。「mixi」=検索にひっかからない。

解説

facebook」と「mixi」の違いはいろいろありますが、大きな違いを整理すると「実名」「友達検索」「足あと」「検索エンジン」に集約されます。
まずは「実名登録」です。
facebook」では実名登録が義務付けられていますが、「mixi」では実名でなくてもOKです。
次に、「友達検索」の機能です。
facebook」では、「友達ではありませんか?」とレコメンドしてくれる機能があります。
このレコメンド機能がとても強力で、「facebook」が今日ほど普及した大きな要因の1つです。
このような機能は「mixi」にはありませんが、逆に「mixi」にしかない機能に「足あと」があります。
一時はこの「足あと」機能がなくなった時期もありますが、「mixi」を代表する機能であり、復活を望むユーザーの声も相まって、現在では復活しています。
また、「mixi」内の情報は、検索エンジンには一切ヒットすることはありませんが、「facebook」では、プライバシー設定を適切に行わない限りヒットしてしまいます。
実名主義も相まって、プライバシーが意図せずに一般公開されていたというケースもよくあります。
双方ともにサービス拡充が進んでおり、機能的な違いは縮まってきていますが、
mixi」ユーザーの減少が近年よく話題になっています。
facebook」も一時の爆発的はユーザーの増加は落ち着き、日本国内のアクティブユーザーは減少しつつあるという説もあります。
また、なりすましなどの問題も多数発生しており、ユーザー増加に比例してトラブルも増加傾向にあります。

参照元

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1296614031753.html?_p=1

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ