「FAT32」と「NTFS」の違い

ポイント

  • FAT32」=いろいろなOSに対応。「NTFS」=Windows専用。
  • FAT32」=MACでも読める。「NTFS」=MACでは読めない。
  • FAT32」=1ドライブ最大32GB。「NTFS」=1ドライブ最大2TB。
  • 「FAT32」=1ファイル最大4GB。「NTFS」=1ファイル最大2TB。

解説

「FAT32」も「NTFS」も、どちらもファイルシステムの規格名になります。
まず「FAT32」は、ファイル・アロケーション・テーブル (File Allocation Table、FAT)の略で、32ビットに対応した規格です。
多くのOSが対応しているため、OSを跨いだデータのやり取りが可能です。
しかし、1ファイルの最大サイズが4GB、1ドライブあたりの最大容量が32GBで、動画や映像を保管するファイルシステムには不向きです。
次に「NTFS」は、NT File System(NTFS)の略で、Windows NT系の標準ファイルシステムです。
1ファイルの最大サイズが2TB、1ドライブあたりの最大容量が2TBで、FATと比較すると格段に大容量化されています。
そのため、映像などの大容量ふぁいるには適していますが、他のOSとの互換性がほとんどありません。
このように、それぞれの長所と短所がありますので、使用方法を注意してフォーマットを行う事が必要です。
映画や長尺の映像を保管したり集したりする場合は「NTFS」、MACとWindows間でもデータ移動に使う場合は「FAT32」が適しています。

参照元
ファイルシステム「NTFS」と「FAT32」の違い
http://ja.wikipedia.org/wiki/File_Allocation_Table

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ