「ipv4」と「ipv6」の違い

ポイント

  • ipv4」=32ビット。「ipv6」=128ビット。
  • ipv4」=表記方法は「192.168.1.1」。「ipv6」=表記方法は「2001:db8:aaaa:bbbb:cccc:dddd:eeee:1」。
  • ipv4」=約43億アドレス。「ipv6」=1兆の1兆倍より多い。
  • ipv4」=プロバイダなどから割り当て。「ipv6」=1機器1アドレス割り当て可能。
  • ipv4」=PCなどは初期設定が必要。「ipv6」=ユーザーの設定不要。

解説

ipv4」は32ビット。「ipv6」は128ビットで表されます。
表記方法は、「ipv4」=「192.168.1.1」、「ipv6」=「2001:db8:aaaa:bbbb:cccc:dddd:eeee:1」といった形式になります。
ここまでは専門的な話でしたが、最大の違いは発行できるIPアドレスの個数です。
ipv4」では、4G個(42億9496万7296個)しか発行できません。
そのため、世界的なインターネットの普及にともない、IPアドレス枯渇の問題が以前から叫ばれていました。
その代替えとして登場したのが「ipv6」です。
ipv6」では、1兆の1兆倍より多い数のIPアドレスの発行が可能です。
これを利用すると、1機器ごとにIPアドレスを割り当てる事も可能になってきます。
そのため、これを利用したさまざまな新サービスの実現が可能になり、脚光を浴びています。
しかし、「ipv4」と「ipv6」は共存できません。
ipv6」への移行が以前より問題になっています。

参照元

https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No20/sec0700.html

Geekなぺーじ:IPv4とIPv6の違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ