「pop」と「imap」の違い

ポイント

  • pop」=「Post Office Protocol」。「imap」=「Internet Message Access Protocol」。
  • pop」=メールをサーバーからダウンロード。「imap」=メールをサーバーに置いたまま閲覧。
  • pop」=サーバーへの接続時間が短い。ダウンロード後はインターネット接続なしでも閲覧可能。
  • imap」=別の場所や端末から同じメールを閲覧可能。

解説

pop」と「imap」は、どちらも電子メールを閲覧するためのプロトコルです。
正式には、「pop」=「Post Office Protocol」、「imap」=「Internet Message Access Protocol」の略になります。
両者の大きな違いは、「pop」はメールをサーバーからダウンロードするのに対し、「imap」=メールをサーバーに置いたまま閲覧するという点です。
そのため、「pop」はサーバーへの接続時間が短く、ダウンロード後はインターネット接続なしでも閲覧可能というメリットがあります。
一方、「imap」では別の場所や端末から同じメールを閲覧可能というメリットがあります。
pop」が比較的古く、「imap」は比較的新しいプロトコルではありますが、どちらも現在でも使われています。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220796107

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ