「QA」と「QC」の違い

ポイント

  • 「QA」=品質保証。「QC」=品質管理。
  • 「QA」=品質を保証するために必要な証拠を提供する活動。
  • QC」=製品やサービスの品質上の目標点を設定し、それに到達するための取り組み
  • 「QA」=顧客が対象。「QC」=企業や組織の内部が対象。

解説

「QA」と「QC」は、ISO9001の品質マネジメントシステム (QMS)の構築に欠かせない項目です。
「QA」は、品質を保証するために必要な証拠を提供する活動。
QC」は、製品やサービスの品質上の目標点を設定し、それに到達するための取り組みを指します。
「QA」と「QC」はよく混同され、どちらがどちらか分からなくなってしまいますが、
簡単に言うと、「QA」は顧客が対象、「QC」は企業や組織の内部が対象です。

参照元

http://qms.qcmethod.net/2009/01/qa.html
http://qms.qcmethod.net/2009/01/qcqa.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ