バイクの「インジェクション」と「キャブ」の違い

ポイント


解説

まず、基本的な構造では、「キャブレター」はエンジン内部の負圧によって燃料を吸い込むメカニズムになっています。
一方、「インジェクション」は、電子制御によって燃料を強制的にエンジンに送り込む構造です。
そのため、一般的には「キャブ」は構造がシンプルで整備性がよく、「インジェクション」は複雑で整備が大変な傾向があります。
また、「インジェクション」は電子制御であるため、燃費がよく、気温・湿度・気圧といった天候にあまり左右されることがなく性能を発揮します。
逆に「キャブ」は天候に関係なく一定量の燃料を供給するため、天候による性能の影響を受けやすく、燃費も悪い傾向があります。
バイクにおいては、「キャブ」はレスポンスがよくスポーツ車向き、「インジェクション」はマイルドで大衆車向きとされてきました。
最近では、技術の進歩により、性能面では「キャブ」と「インジェクション」の垣根はなくなりつつあります。
レースなどにおいては、以前は「キャブ」がほとんどでしたが、最近では「インジェクション」が主流になりつつあります。
「インジェクション」の欠点とされていたレスポンスの悪さが、技術の進歩とともに大幅に改善され、性能面では遜色がなくなってきたためです。
逆に「インジェクション」の本来の良さである天候に左右されない点が、微妙なセッティングが重要なレースではメリットになります。
更に「インジェクション」はパソコンやボタン制御でセッティング変更が可能なことから、整備性もむしろ「インジェクション」の方が楽な場合もあります。
しかし、「キャブ」もアフターパーツとして簡単に交換でき、自分でメンテナンスできるため、根強い人気があります。
一概にどちらが優れているとは言えません。

FCRキャブレター

FCRキャブレター

インジェクション

インジェクション

参照元

本当に知ってる?キャブレターとインジェクションの基本: Parts of God バイクカスタムのバイブル

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ