ビールの「ピルスナー」と「ラガー」の違い

ビールの「ピルスナー」と「ラガー」の違い

ビールの「ピルスナー」と「ラガー」の違い

ポイント


解説

ビールは大きく分けると、エール(上面発酵)とラガー(下面発酵)に分類されます。
エールは麦汁を15~20度の常温で発酵させるのに対し、ラガーは低温で発酵させる製法です。
酵母が上面に浮かび上がるか、下面に沈殿するかの違いから「上面発酵」「下面発酵」とも呼ばれます。
「ラガー」は、15世紀にドイツのバイエルンミュンヘンで誕生しました。
夏場の気温が高すぎてビール醸造に適さなかったこの地域で、苦肉の策として冬場に仕込み、低温で貯蔵したところ、
思わぬ高品質のビールが出来たことが起源とされています。
19世紀に入り、チェコのピルゼンでこの製法で醸造したのが「ピルスナー」の起源です。
この地域特有のアルカリ質を含んだ軟水により、淡く透き通った黄金色で、純白でスッキリとした喉越が特徴です。
現在では「ラガー」と言えば「ピルスナー」と言っても過言ではなく、
世界のビール市場のほとんどが「ピルスナー・タイプ」のビールで占められるまでになっています。

参照元

KIRIN_キリンビール大学_ビールの歴史は人の歴史 史学部 近代ヨーロッパ中篇「時代はエールからピルスナーへ」
ビールの種類

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ