フィギュアスケートの「アイスダンス」と「ペア」の違い

ポイント


解説

アイスダンス」と「ペア」の大きな違いは、演技の内容です。
ペア」=ジャンプやリフトがあり、その技の難易度や完成度などが採点基準になります。
特にリフトなどは高さが要求され、男性には腕力も必要となります。
そのため、大きな転倒や事故につながりやすく、フィギュアスケートの中で最も危険な種目です。
アイスダンス」では、ジャンプやリフトは制限され、ステップや姿勢・2人の組み方などが採点基準になります。
ですので、比較的転倒も少なく、大きな事故はあまりありません。
オリンピック競技としては、「ペア」は1908年から「シングル」と同時に競技種目に採用されていますが、「アイスダンス」は1976年に採用された比較的新しい種目です。

参照元

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ