ボクシングの「アマチュア」と「プロ」の違い

ポイント


解説

ボクシングの「アマチュア」と「プロ」は、見た目も試合形式も大きく違います。
まずは試合のラウンド数です。
アマチュア」は最長3ラウンドですが、「プロ」は最長12ラウンドです。
これは、陸上競技でいうと短距離走と長距離走ほどの違いがあるとのことです。
次に、身に着ける装備が違います。
アマチュア」ではヘッドギアを身につけますが、「プロ」では身に着けません。
また、「アマチュア」はランニングシャツの着用が義務付けられていますが、「プロ」では上半身裸で戦います。
さらに、「アマチュア」は18歳を境にジュニアとシニアに年齢区分がありますが、「プロ」には年齢区分はありません。
階級分けにも特徴があります。
アマチュア」は階級をキログラムで区分しているのに対し、「プロ」は階級をポンドで区分しています。

参照元

プロとアマチュアの違い – ボクシング、筋トレ、シェイプアップトレーニングのネット De Boxing
http://doshishaboxing.web.fc2.com/amateurboxing004.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ