ボクシングの「WBC」と「WBA」の違い

ポイント

  • WBA」=1921年設立。歴史が長い。「WBC」=1963年設立WBAの内部機関として発足し、その後独立。
  • WBA」=本部:パナマ。「WBC」=本部:メキシコ。
  • WBA」=加盟国:90ヵ国。「WBC」=加盟国:160ヵ国。
  • WBA」=3ノックダウン制。「WBC」=フリーノックダウン制。
  • WBA」=チャンピオンベルト:黒に赤の縁取り。「WBC」=チャンピオンベルト:緑。

解説

最初に設立されたのは「WBA」で1921年から90年以上の歴史があります。
「WBC」は当初は「WBA」の内部機関として発足しましたが、1965年に独立し、独自のチャンピオンを擁立するようになります。
現在の加盟国数は、「WBA」が90ヵ国。「WBC」が160ヵ国となっています。
ルール上での一番の違いは、「WBA」は3ノックダウン制、「WBC」はフリーノックダウン制を導入している点です。
そのほかにも「WBC」にはオープン・スコアリング・システム(公開採点制度)などの特徴があります。
チャンピオンベルトは、「WBAは黒に赤の縁取り、「WBC」は緑色というのが特徴で、それぞれの伝統になっています。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1428309734
http://matome.naver.jp/odai/2133722741091117001

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ