年収「103万」と「130万」の違い

年収「103万」と「130万」の違い

ポイント


解説

パートなどで働く際、「103万円の壁」「130万円の壁」という言葉をよく耳にします。
数字も似ているため混同されがちですが、「103万」と「130万」では意味が異なります。
ざっくり言うと、「103万」は所得税、「130万」は社会保険での話になります。
所得税の場合、扶養家族でも年収が103万円を超えると所得税を納める必要が出てきます。
ともすると103万円を超えてしまったために手取りでは損をしてしまう逆転現象も発生します。
一方、社会保険では、年収130万以下が扶養範囲となっています。
サラリーマンや公務員の妻で扶養家族であっても、年収が130万円を超えると
自ら国民健康保険などに加入する必要が出てきます。

参照元

【扶養内の働き方】103万の壁と130万の壁の仕組み – Yahoo!知恵袋
103万円だけではない 130万円にも扶養の壁 [仕事・給与] All About

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ