無線LANの「802.11a」と「802.11b」と「802.11g」と「802.11n」の違い

ポイント

  • 規格の新しさが違う(「11a」「11b」=1999年。「11g」=2003年。「11n」=2009年。)
  • 周波数が違う(「11b」「11g」=2.4GHz帯。「11a」=5GHz帯。「11n」=2.4GHz帯/5GHz帯。)
  • 通信速度が違う(「11b」=11Mbps。「11a」「11g」=54Mbps。「11n」=600Mbps。)
  • 干渉しにくさが違う(「11b」「11g」「11n」=干渉あり。「11a」=干渉少ない。)

解説

無線LANの規格はIEEE802.1xで表され、国際標準の規格になっています。
この中の802.11a/11b/11g/11nは、無線LANの伝送に関する規格です。
これらは、まず策定された時期が違います。
「11a」「11b」は1999年と古く、「11g」は2003年、「11n」は2009年に策定されました。
また、これらは使用する周波数帯域が違い、2.4GHz帯と5GHz帯のいづれかを使用する規格になっています。
「11b」「11g」は2.4GHz帯。「11a」は5GHz帯。「11n」は2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使用します。
この2つの周波数帯域では、干渉のしにくさに大きな違いがあります。
2.4GHz帯では干渉しやすく、5GHz帯では干渉が少なくなっています。
そのため、2.4GHz帯を使う「11b」「11g」「11n」は干渉に弱く、「11a」はあまり干渉しません。
実際に利用する際に最も気になる通信速度ですが、やはり策定時期が新しいほど早くなります。
「11b」=11Mbps、「11a」「11g」=54Mbps、「11n」=最大600Mbpsとなります。
また、更に新しい「802.11ac」という規格の標準化が進んでいます。
この「11ac」では、通信速度が理論上6.93Gbpsとなり、大幅な高速化が可能となります。

参照元

http://www.iodata.jp/product/network/info/base/kikaku.htm
http://www.infraexpert.com/study/wireless2.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ