銀行の「一般職」と「総合職」の違い

ポイント


解説

銀行の「総合職」は将来的に幹部・管理職になることが期待される職種です。
逆に、「一般職」は専門分野のスキルを磨く職種です。
総合職」は、営業などの外回りが多く、転勤もありますが、「一般職」では事務などの内勤業務が多く、転勤はありません。
また、残業でも「総合職」は多く、「一般職」では少ない傾向にあります。
銀行の業務は非常に複雑で、専門知識も必要な上、ミスの許されないものが多くあります。
そのため、専門性を高めて効率化するために生まれたシステムです。
しかし、最近では時代の変化にともない「総合職」と「一般職」の違いは少なくなっています。
「一般職」から「総合職」への変更が認められたり、「一般職」と「総合職」での職務区分を取り払った銀行もあります。
また、転職がない「地域限定総合職」という制度を設けている銀行もあります。

参照元

総合職と一般職の違いって、なあに?

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ