「2014年1月」の記事一覧

「濫用」と「乱用」の違い

「濫用」と「乱用」の違い

ポイント 「濫用」=「乱用」。 もともとは「濫用」。「乱用」は代替。 「濫」は当用漢字表から削除されたため、新聞・放送では「濫用」→「乱用」に置き換えた。 当用漢字表は廃止されたが、現在も新聞・放送では「乱用」が用いられ・・・

「対応」と「応対」の違い

「対応」と「応対」の違い

ポイント 「対応」=状況に対し処置・行動する。 「応対」=相手に応じて受け答えする。 「応対」=相手は人。「対応」=相手は人とは限らない。 解説 「対応」と「応対」の違いは、相手が人に限定されるかどうかという点です。 「・・・

「保証」と「保障」の違い

「保証」と「保障」の違い

ポイント 「保証」=約束する。「保障」=保護する。 「保証」=保証書・保証人・品質保証。「保障」=社会保障・安全保障。 解説 「保証」と「保障」は、混乱しやすい言葉ですが、その意味には大きな違いがあります。 「保証」は約・・・

「規定」と「規程」の違い

「規定」と「規程」の違い

ポイント 「規定」=個々の決まり。「規程」=規定全体。 「規定」=動詞になる。「規程」動詞にならない。 「規定」=「規定○○」と後に名詞がつく。「規程」=「○○規程」と前に名詞がつく。 解説 「規定」と「規程」は同義語と・・・

「習得」と「修得」の違い

「習得」と「修得」の違い

ポイント 「習得」=習って覚える。「修得」=学んで覚える。 「習得」=全般。「修得」=学業・学問など。 「習得」=実務・技術・操作方法など。「修得」=教科・科目・知識など。 解説 「習得」には、字の通り「習って覚える」と・・・

「遵守」と「順守」の違い

「遵守」と「順守」の違い

ポイント 「遵守」=「順守」。 もともとは「遵守」。「順守」は代替。 「遵」は当用漢字表から削除されたため、新聞・放送では「遵守」→「順守」に置き換えた。 当用漢字表は廃止されたが、現在も新聞・放送では「順守」が用いられ・・・

「該当」と「当該」の違い

「該当」と「当該」の違い

ポイント 「該当」=条件にあてはまる。「当該」=関係がある。 「当該」=「その」「前述の」という意味もあり。 「該当」=動詞になる。「当該」=動詞にならない。 「当該」=後に名詞がくる。「該当」=後は名詞とは限らない。 ・・・

「制作」と「製作」の違い

「制作」と「製作」の違い

ポイント 「制作」=(芸術)作品を作る。「製作」=物品を作る。 「制作」=絵画、工芸品、展覧会の出品作品など。「製作」=精密機械、器具など。 「制作」=作品を作る。「製作」=作品を作るための資金調達。 解説 「制作」と「・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ