「2014年5月」の記事一覧

「ホームページ」と「ブログ」の違い

「ホームページ」と「ブログ」の違い

日本語で「ホームページ」と言うと、一般的にはウェブサイト全般を指します。一方、「ブログ」は、ブログシステムを使ってホームページの更新を簡素化したものです。その意味では、「ブログ」は「ホームページ」の1種と言う事ができます。

「殿」と「様」の違い

「殿」と「様」の違い

仕事やビジネスの場で意外に悩むのが「殿」と「様」の使い分けです。使い方を間違うと、失礼にあたったり、非常識だと思われたりしないかと心配になるものです。元々は、歴史的な経緯もあり、「殿」は目下の人に、「様」は目上の人に使いものという傾向がありました。そのため、「殿」を使うと見下していると勘違いされ、逆に失礼にあたる可能性があり、現在では全て「様」を使うのが一般的になってきています。

「家族葬」と「密葬」の違い

「家族葬」と「密葬」の違い

「家族葬」と「密葬」は、どちらも近親者のみで行う葬儀というイメージがありますが、本来の意味は異なります。まず、「密葬」は、「本葬」に対して使われる言葉です。有名人や著名人の葬儀で執り行われることが多く、後日大規模な葬儀が予定されている場合、家族や近親者で行う葬儀を「密葬」と言います。一方、「家族葬」は、近親者のみで小規模に執り行う葬儀のスタイルです。

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違いについては諸説ありますが、分かりやすく分類すると、「法名」は浄土真宗、「戒名」はそれ以外の仏教となります。一般的には「戒名」と呼ばれることが多い傾向にありますが、正式な名称は宗派によって異なり、特に浄土真宗では「戒名」ではなく「法名」であることを強調しています。

「お参り」と「お詣り」の違い

「お参り」と「お詣り」の違い

「お参り」と「お詣り」の違いは、相手が神様か仏様かによって使い分けられます。「お参り」は仏様、「お詣り」は神様となります。つまり、お寺やお墓に行く場合は「お参り」、神社に行く場合には「お詣り」となります。

「臭い」と「匂い」の違い

「臭い」と「匂い」の違い

「匂い」は、いいニオイの場合にのみ使われますが、「臭い」は、いいニオイにも悪いニオイにも使われます。「匂い」は、古くは臭覚的・視覚的に好ましい意味の言葉として使われていました。そのため、色彩が美しい場合などを表現する場合などにも「匂い」を使います。

「親族」と「遺族」の違い

「親族」と「遺族」の違い

「親族」は、血のつながりのある血族と、婚姻によって繋がりのある姻族を指します。「遺族」は、亡くなった人の親族を指します。つまり、「親族」は、当人が生存しているかどうかに関係なく使われますが、「遺族」は、当人が亡くなっている場合にのみ使われます。

「臭い」と「香り」の違い

「臭い」と「香り」の違い

「臭い」と「香り」の最大の違いは、嗅いだ人の感覚によります。まず、「臭い」は、とにかく鼻を刺激するもの全てを指します。いいニオイでも悪いニオイでも「臭い」が使われます。一方、「香り」は、いいニオイに限定されて使われます。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ