「2014年7月」の記事一覧

「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

「しらたき」と「糸こんにゃく」では、まず製法に大きな違いがあります。こんにゃくは、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものですが、「しらたき」は、液体の状態で細い穴に通して糸状にし、それを固めたものになります。一方、「糸こんにゃく」は、固まって板状になったこんにゃくを細く切って糸状にした物です。簡単に言うと、「しらたき」=細くして固める、「糸こんにゃく」=固めてから細くする、となります。

「あさつき」と「わけぎ」の違い

「あさつき」と「わけぎ」の違い

見た目にもとても似ていて混同しやすい「あさつき」と「わけぎ」ですが、実は全く異なる種類の植物です。細いネギのような見た目ですが、「あさつき」=ネギ属エゾネギの変種、「わけぎ」=ネギ属ワケギです。まず、「あさつき」は、もともとは野草の1種で、今でも自生しているものが多くあります。一方、「わけぎ」は、ネギとタマネギの雑種で、ギリシアが原産とされています。

「マンゴスチン」と「ライチ」の違い

「マンゴスチン」と「ライチ」の違い

「マンゴスチン」も「ライチ」も、普段あまり食べることのないフルーツです。「ライチ」は最近お目にかかることも増えてきましたが、「マンゴスチン」は食べたことがないという方も多いでしょう。まず、見た目では、「マンゴスチン」には大きな樹冠があるのが特徴です。「ライチ」にはこのような樹冠はありません。次に果実の形状では、「マンゴスチン」はニンニクのような形状で数個の果実が付いています。一方、「ライチ」はユデタマゴ白身のような丸い果実で、中に大きな種が1つあります。味は人により感じ方が様々ですが、比較的似ていると感じる方が多い傾向のようです。

「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

以前は滅多にお目に掛かれなかったマンゴーですが、最近ではジュースやアイスなどで口にする機会が多くなっています。逆にパパイヤを最近食べていないと感じる方も多いのではないでしょうか?また、パパイヤの味を思い出せなかったり、マンゴーとの違いが分からなくなってしまった方も多いと思います。

「プラム」と「ソルダム」の違い

「プラム」と「ソルダム」の違い

スーパーなどの果物コーナーでよく見かける「プラム」と「ソルダム」ですが、実は違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか?結論から言うと、「ソルダム」は「プラム」の品種の中の1つです。まず、「プラム」とはスモモの仲間で、セイヨウスモモとも言います。実はスモモは300種類以上の品種があると言われています。

「昆布」と「ワカメ」の違い

「昆布」と「ワカメ」の違い

「昆布」と「ワカメ」が違うのは当たり前だと思う方も多いかもしれませんが、実は日本人の2人に1人は「昆布」と「ワカメ」の違いが分からないそうです。まず、「昆布」と「ワカメ」は、同じ海藻ですが、種類が異なります。「昆布」は褐藻類コンブ科コンブ属に属する海藻の仲間、「ワカメ」=褐藻類アイヌワカメ科に属しています。

「韓国」と「日本」の人口の違い

「韓国」と「日本」の人口の違い

「韓国」と「日本」の人口の違いはごれくらいなのでしょうか?世界経済のネタ帳によると、2014年の両国の人口は、「韓国」:5,044万人、「日本」:1億2,706万人となっています。韓国の総人口は、日本の半分弱となります。

「イルカ」と「クジラ」の違い

「イルカ」と「クジラ」の違い

「イルカ」と「クジラ」は全く違う種類の生き物のように感じますが、実は「イルカ」は「クジラ」の仲間です。「クジラ」は、上あごにヒゲを持つ「ヒゲクジラ類」と、歯を持つ「ハクジラ類」の2つに分類されます。「イルカ」はこの中の「ハクジラ類」に分類されます。この「ハクジラ類」の仲間の中で、比較的小型のものが「イルカ」と呼ばれています。明確な大きさの定義はありませんが、4m以下のものが「イルカ」、それ以上のものが「クジラ」と呼ばれています。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ