「ことば」の記事一覧

「記入」と「記載」の違い

「記入」と「記載」の違い

何かを書き記すことを表す言葉として「記入」と「記載」があります。
意味もよく似ているこの2つですが、どのような違いがあり、どのように使い分ければいいのでしょう?

「宿命」と「運命」の違い

「宿命」と「運命」の違い

自分の意志にかかわらずめぐってくるものという意味の言葉として「宿命」と「運命」があります。
この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?

「基礎」と「基本」の違い

「基礎」と「基本」の違い

物事の元になる部分を指す言葉として「基礎」と「基本」があります。
よく似ている言葉ですが、この「基礎」と「基本」の違いや使い分け悩んでしまうことはないでしょうか?

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」、似ている言葉ではありますが、その意味にはかなりの違いがあります。
まず、「頭越し」には「当事者をさしおいて」という意味があります。
当事者に全く連絡や相談もなく、勝手に決められてしまった際などは「頭越し」となります。

「うやむや」と「あやふや」の違い

「うやむや」と「あやふや」の違い

あいまいなことを表現する言葉として「うやむや」と「あやふや」がありますが、この2つの言葉の違いや使い分けに悩む場面はないでしょうか?
しかし、この「うやむや」と「あやふや」にはかなりの意味の違いがあり、使い方を間違うと痛い目に遭うこともあるかもしれません。

「青田買い」と「青田刈り」の違い

「青田買い」と「青田刈り」の違い

優秀な人材を確保するという意味で「青田買い」という言葉が使われますが、似た言葉で「青田刈り」という言葉も存在し、混合されることもあります。この「青田買い」と「青田刈り」の違いについて整理してみます。

「参詣」と「参拝」の違い

「参詣」と「参拝」の違い

神社仏閣にお参りする言葉として「参詣」と「参拝」がありますが、この2つの言葉の違いと使い分けについて実は分からないという人が多いのではないでしょうか?読み方は「参詣」は「さんけい」、「参拝」は「さんぱい」となります。

「親族」と「遺族」の違い

「親族」と「遺族」の違い

「親族」は、血のつながりのある血族と、婚姻によって繋がりのある姻族を指します。「遺族」は、亡くなった人の親族を指します。つまり、「親族」は、当人が生存しているかどうかに関係なく使われますが、「遺族」は、当人が亡くなっている場合にのみ使われます。

「臭い」と「香り」の違い

「臭い」と「香り」の違い

「臭い」と「香り」の最大の違いは、嗅いだ人の感覚によります。まず、「臭い」は、とにかく鼻を刺激するもの全てを指します。いいニオイでも悪いニオイでも「臭い」が使われます。一方、「香り」は、いいニオイに限定されて使われます。

「ねじる」と「ひねる」の違い

「ねじる」と「ひねる」の違い

ポイント 「ねじる」=逆方向に回す。「ひねる」=一方向に回す。 「ねじる」=無理に回す。「ひねる」=素直に回す。 「ねじる」=力を入れて回す。「ひねる」=指先で回す。 「ひねる」=身体を痛める・苦心する・殺すなど回す以外・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ